充填機、打栓機、冷却装置、洗ビン機、リンサー、ケーサーなど液体食品機械のエキスパートです。
       
 

 

 

当社の『フレキシブル充填機』『フレキシブル打栓機』は、直線コンベア上で充填・打栓する画期的な装置です。
(特許取得 特許番号2724801号・3254454号)
これにより、高効率で充填・打栓することができ、メンテナンスフリー交換部品がほとんどいらないなど他社を圧倒する魅力的な装置です。

 
未来に向けた、合理化・安全性・省力化・経費削減といったニーズに対応したシステム作りを念頭において、高い技術力と創造性でハイパフォーマンスマシンをお届けいたします。液体食品機械のエキスパートとして、いろいろな設置条件に合わせた最適なシステムをご提案いたします。

 
■他社製品との比較
 
当社フレキシブル充填機・打栓機
他社製品
送り込み羽根 Xガイド、送り込みの羽根は、一切不要。
従来のビンの変更による送り込みの羽根の費用は、一切不要です。どんなビン、ペットボトルもほとんど使用可能です。
(切替は女性もラクラクです。)
ビンの種類に依り、送り込み羽根の交換が必要で、その費用は安くても17万〜50万円以上します。また、交換に要する時間もばかになりません。
能力 直線上で打栓。
従来の送り羽根式では、液がこぼれる事が多く見られますが、当社機は、直線上で充填・打栓するために安定性が高くこぼれる心配が少なく、機械にかかる負担も少ない。
能力を上げれば振り回す事により、液がこぼれる心配がある。また、能力の変更は調整が必要なため時間がかかる。
ビン割れ ビン割れの心配なし。
ビンが位置に来れば、プッシャーアップガイドで前に押出し、正しい位置に固定する。もし位置ずれがおきた時は安全装置が作動して停止するので、ビン割れの心配はありません。女性も安心して簡単に操作できます。
Xガイド、送り羽根で送る時、位置ずれがおきると破損の原因になります。また、機械のギヤの破損に及ぶ可能性もあります。
メンテナンス・
コスト
多品種に対応し直線上で打栓するため機械にかかる負担も少ない。オーバーホール費用は、部品代として約5〜30万円。
(自社にて部品取替工事も可能です。)
オーバホールに関して、完全オーバホールの場合は本体仕入価格の1/3程かかる。